受験生の宿 2018 2019

受験生の宿2019で合格間違いなし!

東京大学の試験を受ける

早めに準備しよう! ⇒ 試験会場に近いホテルはコチラ!

※2019年の大学・高校受験対策に!まもなく受験の宿プランの予約受付です。

 

受験で一番大切なポイント…それは、試験当日のコンディション!

 

志望校を絞った段階で、学力はほぼ横一線なハズです…。ならば勝負を別けるのは、当日の体調や精神的な余裕だと思います。

 

そのためにも、受験前日などの宿泊先選びが超重要になります。各旅行会社では受験生応援プランや試験対策の専用パックの評判が良く、受験生の予約が殺到しますよ。

 

『受験の宿』の予約時期は?いつから予約できる?

2018〜2019年の受験シーズンが間もなくやってきます。この時期になると「受験の宿の予約はいつから?」という問い合わせを多くいただきます。
最新情報を調べたところ、

 

☆「日本旅行」は専用予約ページ準備中。
☆「JTB」は2018年8月6日より予約開始。
☆「じゃらん」も準備中(昨年は10月3日より)

(2018年9月上旬現在)
という状況で、これから予約が本格的に始まってきます。

 

ただし、受験する学校が決まっているなら、試験会場に最寄りのホテルは複数チェックしておくべきでしょう。

 

予約が始まったらすぐ申込みできるように、事前に調査しておくことをオススメします。

 

 

※受験の宿の予約申込みは、全てはインターネットで完了します。
試験の日程・スケジュールが決まったら、まずはWEBで部屋を確保しておくのがが賢明ですね。
(例年、かなり早めに「満室」になり、直前での予約が難しくなりますので…)

受験生プランが人気のホテル・旅館はこちらで探せます!

インターネットで素早く申し込める、人気の大学受験・入試対策の宿をご紹介します。

↑ ↑ ↑↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

ジェイティービー 受験パック

受験前日の宿泊は交通に便利で会場に近いところを選びたい!直前の追い込みもスイスイ進む、快適な宿を厳選したのがJTBの受験生専用宿泊プランです。受験生に志望校から最寄りの宿を433施設(平成29年10月現在)から選べます。

早めの予約で心身ともに万全な状態でチャレンジ!全国の大学・高校・中学受験に対応した学生のたの安心プランです。

 

ヤフートラベル 受験生の宿

ホテル提携数がグングン増加中なのがヤフーの宿泊予約サイトです。こちらの「受験生の宿」特集は、県別・大学別にワンクリックで最適な宿が選べて使いやすいです。
ヤフープレミアム会員とソフトバンクユーザーはTポイント5%以上、5のつく日は(毎月5日、/5日/25日)は10%以上なのでお得です!Tポイントは使い方も豊富で助かりますね。

 

 

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑↑ ↑ ↑

日本旅行の受験プラン

全国の国公立・私立大学に最寄りのホテルや旅館を、首都圏・京阪神の

ほか全国796軒も網羅しています。日本旅行の店舗で配布のパンフレットを見て、インターネットで予約することもできて便利ですね。
1名1室から予約可能、食事なし・朝食付・夕朝食付などのプランが選べますので、本人・保護者のご予定に合わせたプランが自由に選べます。

 

 

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑↑ ↑ ↑

じゃらん 受験生の宿

じゃらん自慢の掲載宿の多さに加えて、モーニングコールや専用フロアの

利用など、受験生に優しいサービスのある特別プランが選べます。
1名から1室利用可能、連泊も可能ですので、余裕を持って予約しておきましょう。受験生専用コースで万全の状態で受験に臨むことができます。

試験対策に選ぶ宿泊プラン・3つのポイント!

試験会場に近いホテルや旅館では受験生用のプランがありますが、どこに注意して選ぶべきか?
ポイントをチェックしておきましょう。

 

頑張っている受験生女子

会場に近い宿を選ぼう

宿を探すときは、まずは試験会場に近いエリア・最寄り駅の周辺から探しましょう。物理的な近さは
時間的な余裕につながりますからね。
できれば最寄り駅に近く、徒歩で会場入りできれば確実でしょう。試験会場だけ学校と別の場合がある
ので、注意しましょう。
いくつかの大学を受験する場合は、大きいターミナル駅を選ぶとアクセスが便利です。

 

手厚いサービスで試験当時にも安心

ここ数年で各ホテルが受験生応援プランに力をいれて、サービスはどんどん向上しています。モーニングコール、学習机の設置や電気スタンド・加湿器など家電品の貸出し、風邪対策グッズなど、いろいろなサービスがありますので、自分に必要なものを事前に選ぶようにしましょう。
有料で当日のお弁当を用意するサービスも好評だそうです。

 

料金もリーズナブルに抑えたい

受験にはお金がかかる…だから宿泊費はなるべくリーズナブルに!
1名1室OK・付添者付きプラン、食事なし・朝食付き・朝夕食付きなどニーズに沿ったセットプラン
がありますので、希望に合わせて無駄なく選ぶようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

大学受験事情・最近の傾向は…

例年ですと試験前の12月頃が予約のピークでしたが、人気校の受験前日などは予約が取りづらくなります。また、各旅行会社が受験生用のプランにとても熱心ですので、年々予約のはじまりが早くなってきているような傾向があります。

 

人気校の最寄りホテルは早めに満室なってしまうので、ある程度スケジュールが決まり次第、まずは予約を押さえてしまうことをオススメします。

入試・テスト対策のうれしいサービス

受験の参考書

こちらでご紹介した、日本旅行・JTB・じゃらんの各旅行会社では、受験生のための様々なサービスを提供しています。

 

受験のプランに通常こうしたサービスが付随されていますので、遠慮せず利用させてもらいましょう。体調と・メンタルをできるだけ平穏に保つことが、合格の秘訣ですよ!

 

手荷物の預かりサービス

意外と面倒なのが、手荷物の取り扱いです。直前の勉強用に複数科目の参考書などを持参するとかなりのボリュームになります。ホテルではチェックインの前やチェックアウト後でもフロントで荷物を預かってくれる場合がほとんど。試験会場に持っていかれないものや、連泊の場合など担当者に預かってもらうようにすると便利ですよ。

 

電気スタンドなど備品の貸出サービス

室内で前日夜に最終チェックしたり、安眠のために装備はとても大事です。机の電気スタンドなど別途貸してくれるので、サービスを利用しよう。
カゼを引かないような工夫も大事。湿度の管理に加湿器のレンタルやマスク・のど飴などの配布なでもお願いしてみましょう。

 

こうした役立つサービスもフル活用して、アナタの合格を祈願しております!

 

 

 

受験のとき宿泊を甘くみてたかなーという体験です。(私の体験談)

 

 

地方から東京や大阪・名古屋といった学校に受験に行くのはとってもタイヘンなものです。
土地勘がないような地域だと電車や地下鉄のアクセスもわからないですからね…

 

というのも、私は大学受験で苦い経験があります(><)
東京は初めてじゃなかったけど、あまり電車の乗り継ぎとか理解してなかったんですよね。案内図片手に試験当日に乗り場を間違えて、予定よりかなり遅れてしまったことがありました。
今みたいにスマホなんてないから道案内のアプリとかもなかったしね。

 

で、焦っちゃうと全然ダメなもので結界は当然・・・
もっと試験会場に近いホテルにすればよかったかなと後悔したものです。

 

予約を取るなら大学から近くの宿を優先しましょう。電車の乗り継ぎを間違ったり、ラッシュで揉まれて心身ともにぐったり、なんてことになりかねませんから気をつけて!

 

また、試験間近だとホテルの予約も非常に取りづらくなります。
ホテル探しに時間と手間がかかってしまうことになりますので、予約は忘れずに早い段階で申し込んでおくようにしましょう。

 

…というのが私の失敗談からのささやかなアドバイスです・・・(^^;;